おでかけ!ゆるオタおじさん

30代のゆるオタおじさんによる、寺社めぐりを中心としたおでかけブログ

MENU

あわしまマリンパーク【ラブライブ!サンシャイン!! 孤島の水族館からの脱出】に挑戦!Aqoursを救うのは俺たち!

スポンサードリンク

あわしまマリンパークで開催されていた、「リアル脱出ゲーム×ラブライブ!サンシャイン!!孤島の水族館からの脱出」に挑戦してきました!すでに開催期間は終了していますが、イベント概要を紹介しながら、思い出を振り返ります。公式からの注意事項としてネタバレは厳禁なので、ざっくり、ぼやっとした感じにはなりますが…。

 

f:id:gajuwo:20180603012835j:plain

 

 イベントについて

あらすじ

今回あわしまマリンパークで実施された、リアル脱出ゲーム×ラブライブ!サンシャイン!!「孤島の水族館からの脱出」はこういった展開から始まります。

公式ホームページにはこのような文章が載っていました。

 

淡島を訪れたあなた。

島を探索していると、困っている少女達に出会う。

彼女達は浦の星女学院のスクールアイドル、Aqoursのメンバーだった。

「私たち、明日東京でライブに出るんだけど…衣装とか大事な物を詰め込んだトランクがなくなってしまったの!代わりに、こんな手紙が残されていて…」

『お前たちのトランクは預かった。返してほしければ、謎を解いて隠し場所を見つけ出せ。』

「私たちには、もう時間がないの...!夕方には最後の船が出ちゃう...。それまでに衣装や楽曲を見つけないと、ライブに出れないんだ...。お願い、一緒に謎を解いて、トランクを探して!」

 

これは大変ですね!

トランクを探し出さないとAqoursが…、曜ちゃんが困ってしまう!

淡島の島内かけめぐって、必死にトランク探しましょう!

ちなみにAqoursメンバーはみんな魅力的ですが、私は特に曜ちゃん推しです。

realdgame.jp

イベント概要

  • 場所 静岡県沼津市「あわしまマリンパーク」
  • 期間 2018年3月19日から6月3日(期間終了しています)
  • 時間 9時30分から17時(営業時間に準じます)
  • 参加料金 当日券5,000円(その他、前売り券等もありました)
  • 目的 謎を解きながら島を探索し、なくなったトランクを探し出す

リアル脱出ゲームとは

そもそも、リアル脱出ゲームとは何かを紹介しますね。

リアル脱出ゲームは、㈱SCRAPさんの提案する体験型イベントのことで、㈱SCRAPさんの公式ホームページでは次のような紹介がされています。

2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。2007年に初開催して以降、現在までに360万人以上を動員。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を熱狂の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。

 

株式会社SCRAP公式ホームページより引用

 

このように、基本的には謎解きをして特定の場所からの脱出を目的とした体験型のイベントです。

また、今回のあわしまマリンパークでのイベントのように、脱出が目的ではなく、宝探し要素のあるものも企画されているようですね。

なお、「リアル脱出ゲーム」は㈱SCRAPさんの登録商標となっています。

 

イベント挑戦前の準備

今回のイベントは、スマートフォンやタブレットに専用の謎解きアプリをダウンロードしておく必要がありました。

謎解きの進行に合わせて番号が指示されるので、このアプリに打ち込んで音声を聞きながら次の謎解きに挑戦する形でイベントを進めていきます。

 

ネット通信環境があれば現地に着いてからダウンロードも出来ますが、何かの不具合でアプリ起動などが出来ない等の状況になっては泣くに泣けないので、あらかじめご自宅でダウンロードしてみて、アプリの起動までできるか試しておいたほうが良いですね。

なお、ダウンロードさえ出来れば、現地ではネット環境が無くてもイベント進行には影響ありませんでした。

 

また、イヤホンも持参したほうが良いですね。

混雑や風、波の音でうまく音声が聞こえなかったり、逆に周りの挑戦者に音声が聞こえてしまったりする可能性がありますからね。

ちなみに、専用アプリには、音声内容を文章として表示する機能もあります。

当日は、一度聞いて音声内容を楽しんだ後、文章表示して謎解きに役立てました。 

イベントに挑戦!

前置きはこのぐらいにして、イベントに挑戦していきます。

しかし、謎の解答や音声ガイドの番号、ゲーム用のパネル等はネットへのアップロード禁止なので、それ以外をポツポツと。

せっかく写真たくさん撮ったんですが、ほとんど謎解き関連の内容を含んでしまっているので…。

 

沼津駅からバスに乗り、あわしまマリンパークに到着しました!

こちらはチケット売場で、一般チケット窓口と、リアル脱出ゲーム専用窓口に分かれていました。

f:id:gajuwo:20180619234342j:plain

リアル脱出ゲームに挑戦ではなく、もちろん通常通りマリンパークを楽しむ方もいるので、そのための配慮でしょうね。

開園すぐのわりと早い時間帯に到着しましたが、10分ほど並びました。

 

チケットを購入すると、こういったアイテムが渡されます。

  • 通学カバンデザインのクリアファイル
  • 「挑戦状」と書かれた冊子
  • 赤と青の封筒
  • Aqoursのステッカー(絵柄はランダム、私は鞠莉ちゃんでした)

これらを使って、イベントを進めて行くわけですね。

 

チケット売場付近はちょっとした広場になっていて、Aqoursの等身大POPやノボリもありました。

f:id:gajuwo:20180603012835j:plain

f:id:gajuwo:20180603012840j:plain

曜ちゃんPOPの横に並んで写真も撮りました!

 

チケットと一緒に渡されたアイテムを確認した後は、あわしまマリンパークへ向かいます。

あわしまマリンパークへ行くには船に乗りますが、その船がこちら!Aqours丸です!
f:id:gajuwo:20180603012842j:plain

 

さっそく乗船!ちなみに本日のオヤツは沼津駅で買ったのっぽ はちみつみかん味」。

f:id:gajuwo:20180603012844j:plain

 

3分ほど乗船すると、淡島側の船着き場、あわしまマリンパークに到着します。

f:id:gajuwo:20180603012848j:plain

 

ここからは、さきほど入手したアイテム(主に挑戦状冊子)と専用謎解きアプリをつかってイベントを進めていきます

謎解きアプリは、謎解きの進行にあわせて指示される番号を入力すると音声が再生されるしくみですが、この音声がドラマCDを聞いているようで楽しい!

ですが、音声内容をしっかりと聞いていないと謎が解けないので、しっかりと注意して聞くようにしてくださいね。

 

アニメでは果南ちゃんのいるダイビングショップのモデルになっている建物は、実際はカエル館となっていて、中には多くの種類のカエルが展示されています。

f:id:gajuwo:20180619234341j:plain

 

Aqoursのトレーニングコースの淡島神社です。

f:id:gajuwo:20180603012901j:plain

 

途中、Aqoursが通う学校のモデルとなった学校も見えます。

f:id:gajuwo:20180603013053j:plain

 

ヘリポート跡もあったり。

f:id:gajuwo:20180603012915j:plain

 

島の反対側へ戻れる、淡島遊歩トンネルに入ると…。

f:id:gajuwo:20180619234343j:plain

 

トンネル内はイルミネーションがキレイでした!

f:id:gajuwo:20180603013101j:plain

 

こんな感じで島をぐるっと周りながら謎解きし、3時間ほどかけて無事に成功、トランク発見しました!

よかった、これでAqoursが東京に行ける!曜ちゃんがんばってきて!

 

最初のほうの謎解きはわりと簡単でしたが、中盤からはだんだんと難しくなってきましたね。

挑戦状冊子には袋とじでヒントも載っていて、終盤で少々頼ってしまいました…。

がんばって謎解きしたので、挑戦状冊子もクシャクシャになってしまいました。

すでに期間終了していますが、今回の謎解きのコツをひとつ挙げるとすれば、「もらったアイテムをよく確認する」ことでしょうか。

チケット購入すると渡されるアイテムがありますが、そのアイテムをひとつひとつ、裏も表も、何が描かれているか、どんなデザインをしているのかちゃんと確認しておくと、ハッとひらめいて謎解きがスムーズに進む場面があったように思います。

 

今回のリアル脱出ゲーム、謎解き難易度はヒントを見れば解けないレベルではなく、ちょうど良かったと思います(ノーヒントはきびしい…?)。

何より、音声アプリを使用することによってAqoursメンバーと一緒に謎を解いている感じがしてとても楽しかったです!

 

謎解きを満喫した後は、淡島神社へ参拝したり、

www.odekake-yuruota.com

沼津駅へ戻った後は、駅周辺のラブライブ!サンシャイン!!スタンプ設置店をめぐってみたりして、1日中沼津を堪能しました!

 

私が住んでいる地域から沼津へは、そんなに頻繁に行けるほど近くはないのですが、できれば2、3ヶ月に1度ぐらいは行きたいですねぇ…。

次回は、「曜ちゃんちのハンバーグ」を食べるべく、欧蘭陀館さんに行ってみたいです。

そうそう、沼津の隣駅の三島にある、伊豆国一の宮、伊豆国総社である三嶋大社にも是非とも参拝したいんですよね(注:当ブログは寺社めぐりを中心としたブログです)