おでかけ!ゆるオタおじさん

30代のゆるオタおじさんによる、寺社めぐりを中心としたおでかけブログ

MENU

カラフルな御朱印と心願色みくじが大人気!東京都港区【烏森神社】への参拝

スポンサードリンク

サラリーマンの聖地とも言われる東京都港区新橋にある、烏森神社(からすもりじんじゃ)を参拝しました。都会のど真ん中にあるので境内は小さめですが、通常版・期間限定版ともにカラフルな御朱印をお受けできることもあり、とても人気のある神社です!

烏森神社の御由緒

平安時代の天慶3年(940年)に、東国で平将門が乱を起こした時、むかで退治で有名な鎮守将軍藤原秀郷(俵藤太)が、武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、白狐がやってきて白羽の矢を与えた。その矢を持ってすみやかに東夷を鎮めることができたので、秀郷はお礼に一社を勧請しようとしたところ、夢に白狐が現れて、神鳥の群がる所が霊地だと告げた。そこで桜田村の森まできたところ、夢想のごとく烏が群がっていたので、そこに社頭を造営した。それが、烏森稲荷の起こりである。

烏森神社公式ホームページより引用

烏森神社の御祭神・ご利益

御祭神

倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、天細女命(あめのうづめのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の三柱が御祭神として祀られています。

倉稲魂命は五穀豊穣の神様、天細女命は技芸の神様、瓊瓊杵尊は天孫降臨神話(天皇家の由来となった神話)の主人公で、五穀豊穣の神様です。

また、天細女命を祀っている神社は数少ないそうなので、ダンス等の技術アップをしたい方にオススメの神社です。

ご利益

  • 必勝祈願
  • 商売繁盛
  • 技芸上達
  • 家内安全 

烏森神社の境内写真

さっそく、鳥居から入っていきますね。 

こちらが烏森神社の鳥居です。一般的な鳥居の形ではなくちょっと変わった形をしていました。

f:id:gajuwo:20180114230329j:plain

 

参道の途中、お守りや御朱印、おみくじの案内所がありました。御朱印をお受けできるのは、拝殿への階段のすぐ横の授与所です。

f:id:gajuwo:20180111222555j:plain

 

さらに進んで、2つめの鳥居です。1つめの鳥居と同じ形です。

f:id:gajuwo:20180111222558j:plain

 

神社名のノボリです。個人的には紫に白文字の配色がすごい好きです。

f:id:gajuwo:20180111222620j:plain

 

2つめの鳥居から入ってすぐ右横に、手水舎と、神社の縁起説明文があります。

f:id:gajuwo:20180111222559j:plain

 

烏森神社の拝殿です。珍しい、コンクリート造でしょうか。拝殿も、鳥居と同じ形をしていました。

f:id:gajuwo:20180114230334j:plain

f:id:gajuwo:20180111222607j:plain

f:id:gajuwo:20180114230335j:plain 

 

左右の狛犬です。狛犬も、神社によって特徴があって、見ていて楽しいですね。

f:id:gajuwo:20180111222616j:plain

f:id:gajuwo:20180111222615j:plain

 

こちらが授与所です。お守り、御朱印、おみくじはこちらで。

f:id:gajuwo:20180114230333j:plain

f:id:gajuwo:20180111222610j:plain

 

特に説明文はなかったのですが、力石ですねきっと。昔の人の力試しアイテムです。

f:id:gajuwo:20180111222602j:plain

 

力石のすぐ後ろにあった、きやり塚です。漢字で書くと木遣塚と書くそうで、江戸時代頃、職人が重いものを運ぶ時の歌を讃えた塚のようです。

f:id:gajuwo:20180111222601j:plain 

烏森神社の心願色みくじ

これまでの境内写真の中に、チラチラっと心願色みくじという文字がでてきていますが、これが烏森神社で大人気のおみくじです。

心願色みくじは、まず赤・黄・青・緑を選んでから筒を振ります。

この四色はそれぞれ、お願い事の種類でわかれていて、次のようになっています。

  • ⇨恋愛・良縁・縁結び
  • ⇨金運・幸運・商売繁盛
  • ⇨厄払い・仕事・学業・技芸上達
  • ⇨健康・家庭・交通と旅行安全・子授け・安産

f:id:gajuwo:20180111222557j:plain

心願色みくじは、授与所でお受け出来ます。初穂料は500円です。

 

普通のおみくじは、大吉とか凶とかの結果に一喜一憂し、書かれた内容を読んで木の枝に結ぶ…、といった流れですが、心願色みくじは違います。

お受けすると、おみくじと一緒に、願い事を書く願い札がいただけます。

さらに、色に応じた願い玉もいただけます。

f:id:gajuwo:20180114230337j:plain

 

願い札に願い事を書き、結び所に結んで、願いが叶うようお願いをします。

書く際は、サインペンも四色用意されているので、対応した色で書くようにしましょう。

f:id:gajuwo:20180111222603j:plain

 

願い札を書くためのスペースも随所にあります。なかでも、こちらの奥のスペースが飾りもキレイでオススメです。私もここで書きました。

f:id:gajuwo:20180111222604j:plain

f:id:gajuwo:20180114230331j:plain

 

こちらは授与所の手前にある記入スペースです。

f:id:gajuwo:20180111222605j:plain

 

授与所の奥にもあります。

f:id:gajuwo:20180114230332j:plain

 

烏森神社の御朱印

烏森神社は、カラフルな御朱印がいただけることで有名です。

また、時期によって変化があるのも魅力的ですね。

御朱印は、9時から17時まで500円でお受けできます。

通常版

こちらが通常版の御朱印です。以前参拝した際にお受けしたもので、こちらは御朱印帳へ書き入れしていただきました。

f:id:gajuwo:20180630163907j:plain



 

お正月版

こちらがお正月版の御朱印です。こちらは書き置きでいただきました。

f:id:gajuwo:20180630163906j:plain



 

お正月限定御朱印は、平成30年は1月15日までいただけるようですね。

季節限定御朱印は、いつまでいただけるのか、事前にチェックしてから参拝するようにしましょう。

f:id:gajuwo:20180111222614j:plain

 

御朱印は混雑状況等により、御朱印帳への書き入れではなく、書き置きでいただくこともあります。

とくに季節限定の御朱印の際は、書き置きでの授与が多くなりそうですね。

 

夏越大祓版

こちらは、6月に再度参拝した際に書き置きでお受けした、夏越大祓版の御朱印です。

 

f:id:gajuwo:20180630163903j:plain

ふだんのカラフルな御朱印とは違い、夏越大祓版は青の三巴紋、緑の茅の輪のデザインでとても涼やかな印象です。

実際の参拝日は6月30日ではなかったのですが、御朱印の日付は大祓の6月30日に統一されているようです。

烏森神社の神社名ですが、銀色の墨で書かれていて、画像だと見づらいですがとてもキレイですよ(うまく撮影する方法が知りたい)

 

七夕版

最近、新橋方面への用事が多いので、七夕版の御朱印がいただける時期にも参拝できました!書き置きタイプでの授与で、星のイラストがキレイですね~。

f:id:gajuwo:20180707235639j:plain

こちらも日付は統一されているようです。

烏森神社の所在地・アクセス

所在地  東京都港区新橋2-15-5

アクセス JR及び地下鉄銀座線・都営浅草線新橋駅からいずれも徒歩約3分

 

 

JRでも地下鉄でも、新橋駅ならどの出口から出ても距離はほとんど変わりませんが、参道をしっかり通って参拝するのでしたら、JR新橋駅の烏森口からスタートがオススメです。

f:id:gajuwo:20180111222552j:plain

 

あとがき

以上が烏森神社の紹介です。

心願色みくじカラフルな御朱印など、女性にとても人気のでる要素満点の神社でしたね。

私はおじさんですが、色みくじや御朱印をお受けするとき、心は乙女のようにときめいていましたw

首都圏に住んでいる方にもオススメですが、遠方から旅行・出張等で新橋付近に来られた方も、駅から近いですし、ぜひ烏森神社へ参拝してみてくださいね。